吹田市・豊中市で外壁塗装をするならこの業者におまかせ!口コミで人気の外壁塗装業者をランキング形式で紹介しています。

豊中市でおすすめの外壁塗装業者を紹介します!

家を建ててから数年後に、外壁塗装の劣化が気になり始めたという人は多いでしょう。外壁塗装は数年から十数年に一度行わないと、見栄えが悪くなったり家の劣化を早めたりしてしまう原因となります。

しかしながら、外壁塗装はどういったタイミングでどのような業者が行っているのか知らない人も多いでしょう。そこで私の経験から、豊田市で外壁塗装業者を探す人に向けて、外壁塗装についての細かい内容をまとめることにしました。これから外壁塗装業者を選ぶ人やタイミングに悩んでいる人などの参考になれば嬉しいです。

また、ランキングは、数ある外壁塗装業者の中から、特におすすめのできる外壁塗装業者を厳選し、その上、WEBアンケート調査を実施した上で順位を決定したものとなっています。

外壁塗装業者ランキング一覧!

住まいるペイント(T・Yカンパニー株式会社)の画像1
17年以上の実績が信頼の証!大手品質を低価格で提供
住まいるペイントは大阪市、豊中市、吹田市などを中心に塗装工事を専門的に行っている会社です。これまでに多くの建設会社や大手メーカーの下請け業者として外壁塗装を行ってきた技術とノウハウを活かし、大手品質を低価格で提供しています。 また、誰にでもわかりやすい診断報告書や万全のアフターフォローも充実し、職人マナーの向上やスタッフの知識力向上にも力を入れ、適正な提案と施工ができるよう努力を重ねています。
おすすめポイント

Point①. 大手品質を低価格、さらにわかりやすい料金設定で提供

Point②. 日本一分かりやすい住宅診断書と万全のアフターフォローで安心

住まいるペイント(T・Yカンパニー株式会社) の基本情報

所在地 〒550-0006 大阪市西区江之子島3-7-1
アクセス 地下鉄御堂筋線または中央線の本町駅から徒歩で約5分
対応地域 大阪市・豊中市・吹田市・尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市・北摂・阪神エリア
ニッカホーム(ニッカホーム株式会社)の画像1
売上実績全国1位!自社施工にこだわる総合リフォーム店
ニッカホームは、お客様の立場に立った施工を心がける総合リフォーム店で、全国売上実績No.1を誇る実力派です。そんなニッカホームは自社施工、そして一貫体制にこだわりお客様の要望をダイレクトに取り入れる努力をしています。 そのため緊急の工事やすぐに終わる簡単な補修などにも対応可能で、万が一クレーム等があった場合も一貫して同じ担当者が受け持つため、時間のロスを抑え迅速に対応してくれます。
おすすめポイント

Point①. 総合リフォーム店として全国売上実績No.1

Point②. 一貫体制と自社施工にこだわりお客様の立場に立った施工

ニッカホーム(ニッカホーム株式会社) の基本情報

所在地 〒578-0982 大阪府東大阪市吉田本町1-1-30
アクセス 近畿日本鉄道けいはんな線の吉田駅から車で約5分
対応地域 吹田市・茨木市・摂津市・大阪市東淀川区
コーホーペイント( 株式会社コーホーペイント)の画像1
施工実績1万6000件以上、高い技術で支持される
コーホーペイントは高槻市・吹田市などを中心に、外装リフォームを手掛けている会社です。そんなコーホーペイントが大切にしているのは、お客様の利益を第一に考えること。お客様に満足を与え不安を解消できるための工夫をたくさん取り入れています。 それによって施工実績は1万6,000件を突破、中には30年以上の長いお付き合いをしているお客様もいるほど、いつまでも信頼してもらえる対応を行っているのです。
おすすめポイント

Point①. 施工実績1万6,000件突破の実績

Point②. 充実したアフターメンテナンスで工事後も安心

コーホーペイント( 株式会社コーホーペイント) の基本情報

所在地 〒564-0003 大阪府吹田市天道町4-24
アクセス JR京都線の吹田駅から徒歩で約10分
対応地域 高槻市・池田市・箕面市・吹田市など。大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・京都府・福岡県での実績あり
きらめきぺイント(トゥインクルワールド株式会社)の画像1
資格を持つ職人の施工とマナーの良さ、笑顔が自慢
きらめきペイントは職人のマナーの良さや笑顔に自信を持っている外装リフォームの会社です。スタッフの対応がお客様満足度を高めると考えるきらめきペイントは、社員教育を徹底し気持ちよく工事を依頼してもらうための努力をしています。 もちろん品質管理や技術も磨き、ミスのない最高品質の施工を目指し細かいチェックなどを欠かしません。また、施工後のアフターフォローも充実しており安心です。
おすすめポイント

Point①. 職人のマナーの良さと笑顔に自信

Point②. 1級塗装技能士の職人による施工と細かなチェックでミスのない高品質の工事

きらめきぺイント(トゥインクルワールド株式会社) の基本情報

所在地 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島4-12-17
アクセス 地下鉄御堂筋線の西中島南方駅から徒歩で約5分
対応地域 大阪市・高槻市・茨木市・摂津市・枚方市・寝屋川市・箕面市・吹田市・豊中市・池田市・尼崎市・西宮市 その他近畿一円
エース(株式会社エース)の画像1
豊中市住宅塗装施工実績5年連続No.1の実力派
エースは国家資格を持つマナーの良い自社専属職人による施工で、確かな技術力と品質の高さを提供している会社です。定期的に技術研修を行うことで、つねに技術の追求を行っています。 また、エースには日本一大きなカラー見本があり、小さな画像ではわかりにくかった色をより実物に近い形で確認でき、後悔のないカラー選びもお手伝いしています。
おすすめポイント

Point①. 適正価格と高品質、そして素早い対応に自信

Point②. 日本一大きなカラー見本で後悔しないカラー選びをお手伝い

エース(株式会社エース) の基本情報

所在地 〒561-0852 豊中市服部本町1丁目1-3 福屋ビル1F
アクセス 阪急宝塚本線の服部天神駅から徒歩で約3分
対応地域 大阪府では豊中市がメイン。箕面市・吹田市・池田市・淀川区(西・東)※隣接市含む・北区・旭区・福島区・此花区・都島区・城東区に対応。 兵庫県の伊丹市・尼崎市※隣接市含む・川西市・宝塚市も対象

【豊中市】外壁塗装業者の一覧表まとめ!

イメージ1
2
3
4
5
会社名住まいるペイント(T・Yカンパニー株式会社)ニッカホーム(ニッカホーム株式会社)コーホーペイント( 株式会社コーホーペイント)きらめきぺイント(トゥインクルワールド株式会社)エース(株式会社エース)
料金延坪30坪の参考価格(税別)
・ウレタン塗料 49万8,000円
・シリコン塗料 59万8,000円
・フッ素塗料 79万8,000円
・遮熱断熱塗料 84万8,000円 など
記載なし記載なし料金目安(1m²/円)
・ウレタンプラン 1,500円~
・シリコンプラン 2,000円~
・フッ素プラン 3,000円~
・遮熱断熱プラン 3,500円~
延坪30坪の参考価格
・高耐久シリコン塗料 57万8,800円
・高耐久フッ素塗料 78万4,000円 など
保証最長10年自社独自保証書発行最長10年塗料によって5~15年(当社規定)の保証書を発行塗料グレードによって3年~10年の保証最長15年
エリア大阪府(大阪市・豊中市・吹田市)、兵庫県(尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市)の北摂・阪神を中心に対応。大阪府内対応可、兵庫県 など吹田市、茨木市、摂津市、大阪市東淀川区高槻市、池田市、箕面市、吹田市など。大阪府、兵庫県、滋賀県、奈良県、京都府、福岡県 など大阪市、高槻市、茨木市、摂津市、枚方市、寝屋川市、箕面市、吹田市、豊中市、池田市、尼崎市、西宮市 その他近畿一円 など大阪府では豊中市がメイン
問い合わせ電話、メールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォーム電話、メールフォーム、FAX電話、メールフォーム、LINE
電話受付時間9:00~18:00(月曜日定休)9:00~19:00
日曜、第1・2・3土曜は9:00~18:00
9:00~18:00(火曜日定休)9:30~18:009:00~18:00
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

外壁塗装のタイミングっていつ頃?

まずはじめに、外壁塗装は家を建ててからどのくらいのタイミングで行えばいいのか、また適した季節はいつなのかなどについてご紹介します。年数だけを見るのではなく、様々なポイントがあるので確認しましょう。

塗替えなら築10年が目安

外壁塗装の塗替えを行う場合、築10年程度が良いタイミングとされています。これは外壁塗装をしている塗料の耐用年数がだいたい10年程度となっているからです。ただし、塗料の種類によっては耐用年数が5年程度のものや20年程度のものなどもあるので、すべての住宅で10年がベストというわけではありません。

多くの場合は10年以上経過すると、変色やひび割れ、また苔といった様々な症状が出てきて最悪の場合は剥がれてしまうなど外壁が脆い状態となってしまいます。ここまでひどくなってしまうと全面的な外壁のリフォームなども必要となる場合があるので、こうなる前に10年を目安にきちんとメンテナンスを行いましょう。

自宅をセルフチェックしよう

10年と言われても本当に外壁塗装が必要なの?と感じる人もいるでしょう。もし10年というタイミングで外壁塗装をするか迷っているのなら、セルフチェックで必要かどうかを確認しましょう。セルフチェックでは以下のようなことを確認します。

・色あせ
塗料によって耐用年数は違いますが、紫外線などが原因で徐々に色あせてきます。明らかに色あせを感じる場合は塗替えが必要となるでしょう。

・チョーキング
塗料が劣化してくると、チョークの粉のように白い粉が外壁の表面に現れることがあります。薄っすらと粉が出ている場合には2~3年以内の塗り替え、粉が目立つレベルであればすぐにでも塗替えを行いましょう。

・クラック
外壁がひび割れている状態のことをクラックといいます。ひび割れの幅が0.3mm、深さが4mm以上となっている場合は塗り替えが必要な時期です。

・苔、藻
外壁に苔や藻が繁殖している場合、塗膜の保護機能が下がっていると考えられます。塩素系の漂白剤を薄めたものを使ってスポンジで洗い流すとキレイになりますが、もしひどい場合は塗替えが必要です。

・膨れ、はがれ
塗装が膨れていたり剥がれたりしている場合は、保護機能および防水機能が下がっている状態となります。部分的な症状であれば最低限のメンテナンスでOKですが、外壁全体に症状が出ている場合は塗り替える必要があるでしょう。

・コーキング劣化
コーキングの劣化によって、ひび割れや破断などが起こることがあります。また、外壁材が弱っている可能性も考えられるでしょう。この場合は補修工事が必要なので、工事業者への依頼が1番です。

外壁塗装に適した季節はいつ?

では、いざ塗装を行うとなった場合、1年の中でどの季節を選ぶのがいいのでしょうか。一般的に適していると言われているのは3~5月頃の春と9月~11月頃の秋です。この時期はどちらも空気が乾燥していることから、塗料が乾きやすく工期も短期間になる可能性が高いのです。ただしこの時期は繁忙期でもあるので、予約が取りにくい場合もあります。予約は早めに取りましょう。また、秋の場合は台風や雨の影響を受けることも多いので、その分工期が延びてしまうことも考えられます。

夏や冬でも良いのですがそれぞれ気になる点があります。夏は塗料が乾きやすいというメリットがありますが、雨が多く工期が延びやすい、また暑さが作業ペースに影響してくることもあります。冬も空気の乾燥によって乾きやすいのですが、日照時間が短いため作業時間が短時間となっていまい、さらに積雪などの影響で工期が延びる可能性も高いです。

とは言っても、家に作業をする人が訪れて行うものですから、住んでいる人の都合に合わせて塗り替えの時期を選ぶようにしましょう。

【外壁塗装のタイミングっていつ頃?のまとめ】
・塗替えのタイミングは目安として10年程度
・セルフチェックで塗り替えのタイミングかどうかを確認しよう
・季節は晴れ間が多く空気が乾燥している春か秋がおすすめ

それぞれの特徴とメリット・デメリット

外壁塗装を行っているのは、ハウスメーカーやリフォーム業者、また外壁塗装を専門で行っている業者などがあります。家を建てた際のハウスメーカーなどに依頼したいと考える人も多いかもしれませんが、必ずしも希望に沿った作業を行ってくれるとは限りません。どの業者を選ぶのがベストなのか、その特徴やメリット、デメリットを確認して考えてみましょう。

ハウスメーカーの特徴とメリット・デメリット

ハウスメーカーは全国展開している大きな会社であることが特徴ですが、そのため安心感や信頼感があるというのは大きなメリットです。ハウスメーカーと契約している専門家や会社も多く、その中から最適な業者を提案してくれるでしょう。また、独自のアフターフォローなども充実しています。

さらに、ハウスメーカーで建てた場合、そのデータが保管されているのが一般的です。そこから塗装の面積やどんな塗料が合うのか、塗装の他に修理などが必要だと思われる箇所はないかなどを見てくれるというメリットもあります。もちろん見積もりや打ち合わせなどもその分スムーズに行うことができるでしょう。

また、塗装のタイミングは家自体の劣化が見え始める時期でもあり、塗装以外のメンテナンスも必要となることがあります。そういった様々な工事を一度に依頼できるのもメリットでしょう。また、工事する場合、下請け会社に依頼するため、ある程度時期も希望に合わせてくれることが多いです。とくに繁忙期など予約が取りにくい時期でもハウスメーカー経由であればすぐに対応してくれることもあるでしょう。

ただし、ハウスメーカーに依頼する場合デメリットもあります。1つは費用が割高になってしまうことです。多くの場合、中間マージンや広告費などが上乗せされ、その分費用がかかってしまうことも珍しくありません。また、塗装に使う塗料、また工法などがある程度決められており、依頼者の思い通りに行かない場合もあるのもデメリットでしょう。

さらに、下請け業者が必ずいい業者とは限りません。ハウスメーカーの基準をクリアした業者であっても、責任感がなく品質の低いものになってしまうこともあります。さらに、技術的に問題がなくてもメーカー側と上手くコミュニケーションが取れておらず、依頼者の意見が反映されないなどの可能性も考えられます。

リフォーム会社の特徴とメリット・デメリット

リフォーム会社は外壁塗装以外にも住宅の様々な工事やリフォームを担当する会社です。そんなリフォーム会社に依頼するメリットとして挙げられるのは、まず中間マージンが発生しにくくハウスメーカーよりも安く依頼できる場合が多いということです。

また、外壁塗装と同時に様々なリフォームを依頼できるので、他にもリフォームをしたい箇所があるのなら、リフォーム会社へ依頼すれば一度に工事が完了するのでおすすめです。

ただしデメリットもあり、まずリフォーム会社によって得意としている工事があり、外壁塗装については不得手という会社も存在します。そういう会社を選んでしまうとリフォーム会社が更に別の会社に塗装を依頼し、その分費用が高くつく可能性もあります。また、その場合業者間のやり取りが上手く行かず、トラブルが発生してしまう可能性も。そうならないために、専門分野が何なのかを確認しておく必要があるでしょう。

外壁塗装業者特徴とメリット・デメリット

外壁塗装業者は、塗装を専門で行っている会社です。そんな外壁塗装業者に塗装工事を依頼した場合に考えられるメリットは、工事費用がハウスメーカーやリフォーム会社に比べて安いという点でしょう。中間マージンも発生する可能性が低く、とくに下請けの職人などに依頼せず自社のスタッフのみで施工する業者は費用が安くなる場合が多いです。

また、外壁塗装業者に依頼する場合は、直接その会社の人とやり取りをすることになるので、安心感があり、様々な要望に答えてもらいやすいというメリットもあります。外壁塗装を専門に行っているからこそ、適切な塗料や工法、時期などもアドバイスしてくれることが多く、それを踏まえた上で要望を取り入れてもらえるので、最後まで不満なく進んでいくはずです。

また、外壁塗装業者の場合ハウスメーカーなどのようにトラブルがあった場合様々なところを通さずに直接対応してくれるので、すぐに駆けつけ対応してくれたりというフットワークの軽さも魅力です。

ただし、外壁塗装業者に依頼する場合でもデメリットは存在します。まず自分で優良な業者を探さなければいけないということです。自分で見積もりを取り、比較して判断するのは簡単なことではありません。また、選んだ業者が本当にいい業者のかはすぐに判断できないので、数年後まで不安が残るということもあるでしょう。

さらに、外壁塗装業者には少ない人員で営業しているところも多く、その場合工事期間を自由に選ぶことができない可能性もあります。とくに繁忙期は早めに予約が埋まってしまっている可能性もあるので、この期間に絶対工事をしてもらいたいと考えている場合は、早めに行動しなければいけません。

【それぞれの特徴とメリット・デメリットのまとめ】
・外壁塗装を行っているのはハウスメーカー、リフォーム会社、外壁塗装業者
・どの業者に依頼する場合もメリットやデメリットがある
・どこが1番いいというわけではなく、希望に合う最適な業者に依頼することが大切

外壁塗装ってどのくらいの期間でできる?おおまかな流れをご紹介

外壁塗装工事を実際に始める場合の期間、また進行についても気になる人は多いはずです。さらに、工事中の生活における注意点もご紹介します。

外壁塗装のおおまかなスケジュール

最初に塗装の進行スケジュールおよびどの作業の内容などについて見ていきましょう。一般的に見て戸建住宅であれば約10日が目安ですが、天気や塗装場所の状況によっては工期がプラスされることもあります。それを踏まえて、2週間程度余裕を持って考えておくと良さそうです。

①挨拶・準備
作業に入る前に、必ずご近所への挨拶を行う日を設けます。周囲の家に塗料が飛んでしまったり塗料の臭いが漂ってしまうことがあり、それがトラブルに繋がる可能性もあるので事前の挨拶は欠かせません。

②足場設置
作業の初日は作業に必要な足場づくりからスタートします。作業中は騒音が発生しやすいので、初日にしっかりと挨拶していないとトラブルが起きやすいです。また、足場組立の資格がいります。この資格のない塗装業者は、別の業者に組み立てだけをしてもらう場合も珍しくありません。この場合工期が1~2日延びるこも考えられます。

③洗浄
塗料を塗っていく前に、高圧洗浄機で外壁を清掃します。万が一、機械が入れない場所は手作業で行うので、そういった部分が多い家ほど時間がかかっていまいます。さらに洗浄後は外壁を乾かすため、乾燥期間も含めると最大3日程度かかります。

④下地処理
この工程では、剥離やひび割れが起きている箇所などをの補修します。これを行わずそのまま塗ってしまうと、短期間で塗装が剥がれてしまう、ひび割れるなどのトラブルも。補修箇所の数によって1日以上かかります。

⑤養生
ビニールシートなどで塗装が不要な部分や塗料を避けたい部分を、保護するのがこの工程です。作業は1日見ておけばいいですが、これ以降窓の開け閉めが基本できないので、家族にもそれを伝えておくことが大切です。

⑥塗装
ついに塗装作業スタートとなりますが、まずはじめに下塗りといって、塗料を壁に密着させるための工程があり、その後中塗り、上塗り重ねていきます。全ての工程で一度しっかりと乾燥させなければならず、最低でも各1日は必要なので3日以上かかると把握しておきましょう。

⑦点検・手直し
ここまできたら塗装業者の最終チェックとして塗り残し、塗りムラがないかを業者の方が見ていきます。この時点で手直しがいくつもあると、作業に丸1日かかる可能性があるので、しっかりと1日確保しておきましょう。

⑧片付け・足場解体
作業が完了したら、養生の撤去や足場解体を行い、産廃物の片付けや掃除も行います。前の工程が短時間で終わった場合は、この工程まで同じ日に組み込むこともあります。そして最後に依頼者のチェックが終わったら、全ての工程が終了となります。

外壁塗装工事中の生活での注意点

では、外壁塗装を行っている間、住む人はどういった点に注意して生活すれば良いのでしょうか。

まず工事中の外出ですが、基本的に家を空けることを作業員の方に伝えておけば問題ありません。ただ、作業中は家が覆われており外から見えづらくなっていますので、空き巣に狙われやすいようです。そのため施錠はいつも以上に気をつけてください。

そして、普段洗濯物を外に干している場合は、この期間できないことも理解しておいてください。外に干していると、塗料が付いてしまったり臭いが付いてしまったりと、いいことはありません。工事期間中は室内干しに切り替えましょう。

【外壁塗装ってどのくらいの期間でできる?おおまかな流れをご紹介のまとめ】
・外壁塗装は一般的に10日~2週間程度かかる
・ご近所トラブルなどにならないよう、事前の挨拶回りはきちんと
・作業中は窓が開けられないなど生活に関わる部分もあるので事前の確認が大切

外壁塗装の費用相場

では最後に、外壁塗装を業者に依頼する場合の相場についてチェックしていきましょう。また、安くするためのコツなどについてもご紹介します。

坪数ごとのおおよその費用相場

まずは坪数ごとにどのくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。ここでは、10坪~100坪の住宅についてご紹介していきます。ただし、こちらはあくまでも目安となるので、いろいろな条件などによってこの金額は変動すると考えてください。

10坪 塗装面積:40㎡、相場:約20万円~40万円
20坪 塗装面積:79㎡、相場:約40万円~70万円
30坪 塗装面積:119㎡、相場:約60万円~100万円
40坪 塗装面積:158㎡、相場:約80万円~130万円
50坪 塗装面積:198㎡、相場:約100万円~160万円
60坪 塗装面積:238㎡、相場:約120万円~200万円
70坪 塗装面積:277㎡、相場:約140万円~230万円
100坪 塗装面積:396㎡、相場:約200万円~320万円

この坪数というのは、1階ごとの床面積を全てプラスした延坪となります。例えば1階が30坪、2階が20坪の場合なら40坪、1階が30坪、2階が20坪、3階が10坪の場合は60坪という風に見ていってください。

費用の内訳

では、この料金にはどのような内容が含まれているのでしょうか。その内訳について見ていきましょう。ここでは、30坪の場合の見積もりを例に、内容をチェックしていきます。

足場代 面積:119㎡、単価:700円/㎡、金額:8万3,300円
高圧洗浄 面積:119㎡、単価:300円/㎡、金額:3万5,700円
養生 面積:119㎡、単価:300円/㎡、金額:3万5,700円
飛散防止ネット 面積: 119㎡、単価:100円/㎡、金額:1万1,900円
シーリング 面積:119㎡、単価:700円/㎡、金額:8万3,300円
塗装代(シリコン系) 面積:119㎡、単価:3,000円/㎡、金額:35万7,000円
廃棄物処理など 2万円
合計 62万6,900円

もちろん外装塗装業者によってその内容や金額は上下しまうので、一例として考えていただければと思います。また、ここではシリコン系の塗料を使った場合の金額となっていますが、それ以外の塗料では金額が変動しますので注意してください。

相場より安くするコツ

相場がわかっていても、できるだけ費用は安く抑えたいと思うのは当然です。ここでは、相場よりも塗装費用をできるだけ安くするコツについてご紹介していきます。

まず、工事の時期によって金額が変わる業者が多いです。雨の多い梅雨の時期や積雪のある冬は繁忙期に比べて値段を下げていることも珍しくありません。しかし、こういった時期に行うと、途中で作業が止まってしまい、予定よりも工期が延びてしまう可能性も高いです。工期が延びても金額に変動はないですが、その間の生活にも影響してくる場合があるのでよく考えて依頼しましょう。

また、助成金や補助金、火災保険などを利用することで実際に支払う費用を抑えられることもあります。これは住んでいる自治体にもよりますが、使う塗料によっては「省エネ住宅改修補助金」など、また「住宅リフォーム資金助成」という補助を行っている場所もあるようです。

もし台風や雨などの被害による修復の外装塗装であれば、火災保険が適用となる場合もあるので、その場合はまず保険証書を確認するか直接保険会社に問い合わせてみてください。

さらに、地元密着型の外装塗装業者は、大手に比べて費用が安い場合もあります。大手によく見られる中間マージンや下請け業者への発注などがなく、自社のスタッフのみで工事を行うことが多いので比較的安い設定になっているのです。

このように、できるだけ安くするためにはいくつかのコツがあるので、提示された金額を鵜呑みにするのではなく、自分なりに安くできないかを考えてみてください。

【外壁塗装の費用相場のまとめ】
・費用は全ての階を足した延べ数で換算する
・足場代や洗浄代なども塗装費用の中に含まれている
・施工時期を調整したり助成金などを使用したりすることで安く抑えられる可能性がある

まとめ

外壁塗装のタイミングや季節、またスケジュール、費用などについてご紹介してきました。ある程度の期間や費用をかけて行うものですから、時期も金額も最適なものを選びたいというのが本音でしょう。

豊中市にはそんな方の希望に見合う費用や内容に配慮した外装塗装業者がたくさんあります。外壁塗装のタイミングが訪れたら、ご紹介したことをチェックした上でどの業者に依頼するかを見極めましょう。

記事一覧

【詳細】 会社名:中西塗装 住所:大阪府吹田市山田西2-3-1-208(※自宅兼事務所) TEL:06-6876-5478 夢のマイホームを手に入れたら、定期的な修繕を繰り返し、長い間快適に ・・・[続きを読む]
常に雨風に打たれている外壁は、定期的な塗り替えを必要とする部分です。戸建て住宅であれば約8年に1度の外壁塗装が理想的で、施工前に診断を受けるのが望ましいでしょう。この外壁診断で実施されること ・・・[続きを読む]